2008年06月01日

シワについて

1.肝斑→ 目の周りや頬に現れるシミ。左右対象に現れることも多い。ホルモンバランスの乱れが原因

2.雀卵斑→ソバカス。主に遺伝的な要因から現れる

3.光老化性色素→紫外線によるダメージでメラニン色素が過剰に活性化されることで現れる。

4.花弁上色素班→紫外線、特に夏場の強い日差しによる日焼けが原因とされる背中に現れるシミ。

上記の名称は覚えなくてもいいです。こんなシミがあることを理解していただければと思います。

次にシミの原因です。当てはまるものはありますか?

1.間違ったスキンケア

2.摩擦などの物理的な刺激

3.ニキビやキズのあと

4.紫外線によるダメージ(光老化)

5.ストレス

6.食事や生活習慣の乱れによる、表皮細胞の参加・新陳代謝の遅れ・老化現象

7.病的な要因、遺伝的な要因

シミの原因のうち1から4まではある程度予防は可能です。まずは正しいスキンケアを行いましょう。洗顔、脂質にあった水分、油分の適度な補給をしっかりと行うことが重要です。
4の紫外線ですが、人は紫外線にあたると、皮膚細胞を守るためにメラノサイト内でチロシン(アミノ酸の一種)からメラニン色素を合成します。これが後の「シミ」ですが、通常は時間の経過とともに表皮に押し上げられ剥がれるのですが、ターンオーバーサイクルが遅れていたりするとシミとなって残ります。急激で強い日焼けを繰り返していくと、シミだけでなく皮膚の弾力が低下し、シワも多くなります。紫外線対策は重要です。
5と6は非常に近い関係にあります。ストレスは表皮細胞の酸化原因の1つだからです。基本的にストレスの対策は規則正しい生活リズム、食生活を整えることが大切です。栄養素の不足もストレスと関係がありますが抗ストレスビタミンと言われるビタミンCなどが効果的です。マルチタイプのビタミン・ミネラルを十分に摂取しましょう。食事は緑黄色野菜、タンパク質、水分を。そして十分な睡眠時間をとるようにしましょう。
ビタミンCはシミやソバカスの発生を少なくする効果があります。また同時にコラーゲンの生成を助けてくれます。また一般的に日焼けした肌はβカロテンが低いことがわかっておりますので同時に摂取することをおすすめします。

ピーリング、ゴマージュ、ホワイトニング化粧品の使用、皮膚科でのレーザー治療もケースによって必要でしょう。

シミの改善策としてはまとめますと以下のようになります。

1.十分な睡眠をとること→最低5時間、理想は7時間

2.紫外線対策→怠ると皮膚細胞を守るためにシミができます。

3.食生活を整える。

「ビタミン」

ビタミンC→コラーゲンの生成に欠かせません。

ビタミンA(βカロテン)→皮膚や粘膜と密接な関係があります。

ビタミンB12→色素沈着の予防

ビタミンB2→脂肪の代謝を促進する

ビタミンB6→肌の新陳代謝を促進する

ビタミンE→血行促進、老化予防のビタミン

「ミネラル」

亜鉛、セレン、鉄、銅を摂取しましょう。

上記のビタミン、ミネラルを食事でとることが理想です。できなければ栄養補助食品、またはサプリメントで補いましょう。


マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!



マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!



ラベル:シワ
【関連する記事】
posted by アロマ好き at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

花粉対策

花粉によって起こるアレルギー(アトピー)性鼻炎を花粉症といいます。代表的なものはやはりスギです。
 花粉症は体に侵入してきた花粉を『敵』とみなして、過剰に反応してしまう過敏な体質な人に起こります。さらに遺伝的な体質、住環境、食生活などの様々な要因が重なって、症状を悪化させるケースが多いようです。また症状としてはくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目、喉、顔や首の皮膚のかゆみなど、「首から上」が主ですが、だるい、熱っぽいなど全身症状をともなうこともあります。
対処方法としては、やはり栄養です。免疫を高めるためです。
 まずβーカロチンをとること→粘膜が作る粘液は感染から体を守る物質を含み、花粉などのアレルゲンなどの侵入を阻むバリアとなります。βーカロチンは粘膜の維持に必要な栄養素です。次にビタミンCをとること→『サイクリックAMP物質』の量を調整する働きがあります。この物質の量が増えるとアレルギーを起こしやすくなり、感染に対する防御力が低下します。最後にマグネシウムをとること→マグネシウムは気管支攣縮を緩和します。不足するとアレルゲンによるヒスタミン放出量が増えるため、アレルギー症状を悪化させます。



 βーカロチン、ビタミンC、マグネシウムを今のうちにとっておきましょう!



コスメ・スキンケア通販
posted by アロマ好き at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

シミについて

まずはシミの種類から。シミといってもいろいろなシミがあることをまず認識しましょう!



1.肝斑→ 目の周りや頬に現れるシミ。左右対象に現れることも多い。ホルモンバランスの乱れが原因



2.雀卵斑→ソバカス。主に遺伝的な要因から現れる



3.光老化性色素→紫外線によるダメージでメラニン色素が過剰に活性化されることで現れる。



4.花弁上色素班→紫外線、特に夏場の強い日差しによる日焼けが原因とされる背中に現れるシミ。



上記の名称は覚えなくてもいいです。こんなシミがあることを理解していただければと思います。



次にシミの原因です。当てはまるものはありますか?



1.間違ったスキンケア



2.摩擦などの物理的な刺激



3.ニキビやキズのあと



4.紫外線によるダメージ(光老化)



5.ストレス



6.食事や生活習慣の乱れによる、表皮細胞の参加・新陳代謝の遅れ・老化現象



7.病的な要因、遺伝的な要因



シミの原因のうち1から4まではある程度予防は可能です。まずは正しいスキンケアを行いましょう。洗顔、脂質にあった水分、油分の適度な補給をしっかりと行うことが重要です。



4の紫外線ですが、人は紫外線にあたると、皮膚細胞を守るためにメラノサイト内でチロシン(アミノ酸の一種)からメラニン色素を合成します。これが後の「シミですが、通常は時間の経過とともに表皮に押し上げられ剥がれるのですが、ターンオーバーサイクルが遅れていたりするとシミとなって残ります。急激で強い日焼けを繰り返していくと、シミだけでなく皮膚の弾力が低下し、シワも多くなります。紫外線対策は重要です



5と6は非常に近い関係にあります。ストレスは表皮細胞の酸化原因の1つだからです。基本的にストレスの対策は規則正しい生活リズム、食生活を整えることが大切です。栄養素の不足もストレスと関係がありますが抗ストレスビタミンと言われるビタミンCなどが効果的です。マルチタイプのビタミン・ミネラルを十分に摂取しましょう。食事は緑黄色野菜、タンパク質、水分を。そして十分な睡眠時間をとるようにしましょう。



ビタミンCはシミやソバカスの発生を少なくする効果があります。また同時にコラーゲンの生成を助けてくれます。また一般的に日焼けした肌はβカロテンが低いことがわかっておりますので同時に摂取することをおすすめします。



ピーリング、ゴマージュ、ホワイトニング化粧品の使用、皮膚科でのレーザー治療もケースによって必要でしょう。



シミの改善策としてはまとめますと以下のようになります。



1.十分な睡眠をとること→最低5時間、理想は7時間



2.紫外線対策→怠ると皮膚細胞を守るためにシミができます。



3.食生活を整える。



「ビタミン」



ビタミンC→コラーゲンの生成に欠かせません。



ビタミンA(βカロテン)→皮膚や粘膜と密接な関係があります。



ビタミンB12→色素沈着の予防



ビタミンB2→脂肪の代謝を促進する



ビタミンB6→肌の新陳代謝を促進する



ビタミンE→血行促進、老化予防のビタミン



「ミネラル」



亜鉛、セレン、鉄、銅を摂取しましょう。



上記のビタミン、ミネラルを食事でとることが理想です。できなければ栄養補助食品、またはサプリメントで補いましょう。



コスメ・スキンケアバーゲン会場

ラベル:シミ
posted by アロマ好き at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

たばこについて

最近、筑紫哲也が肺がんであることを告白し、がんに勝つと言ってました。一日も早い復帰を心からお祈りいたします。



たばこの煙にはニコチンやタールなどの発ガン物質が含まれていることは知られています。それ以上に、煙の中に大量の活性酸素が含まれているために、細胞膜や遺伝子にまで悪影響を及ぼすことが懸念されています。



活性酸素は煙と共に肺に入って反応を起こし、肺がんや肺気腫などの引き金となる悪さをするのです。また、血液中に溶け込んで体中を巡り、血管をはじめとする様々な組織に障害を引き起こす結果にもなります。



たばこを吸うことで、体内のビタミンCが大量に消費されます。たばこ1本につきビタミン25mg消費されるという報告もあります。



体内に入ってくる活性酸素については、抗酸化ビタミンC、E、βカロテンなどを補うことが重要です。ビタミンEは脂肪の酸化を抑えたり、免疫機能を強化する作用があります。更にビタミンEとCが組み合わさるとCによってEが再生されるため抗酸化作用を繰り返し行うので、同時に摂取することをおすすめします。



たばこの煙に含まれている有害物質のひとつであるシアン化水素は、大量のビタミンB12を消費します。ビタミンB12は造血作用を促進ビタミンでもあるので、胎児の発育にはなくてはならないものです。妊婦が喫煙を避けた方がいいという所以です。



ビタミンC、E、βカロテン、ビタミンB12を摂取しましょう。いずれも喫煙前に摂取することが重要です。



コスメ・スキンケアバーゲン会場
posted by アロマ好き at 01:29| Comment(1) | TrackBack(4) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

肩こり・冷え症・むくみの解消方法

肩こりで頭痛が起きたり、冷え症で悩んだり、足、手、顔のむくみなどが起きる大半の原因は「血行不良」が考えられます。血行不良は栄養素の分解や代謝の遅れ、ストレス、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れなどから起こります。



血行不良を説明すると、血液中の赤血球が、体のすみずみに酸素や栄養素を運ぶことができない状況のことを言います。



活性酸素の影響で赤血球が傷つけられることでも血行に支障が生じることがあるので、ビタミンCやビタミンE、ビタミンB群などの抗酸化物質を積極的に摂取するようにしましょう。



また血行不良の影響で「肌荒れ」や「疲労感」「頭痛」などにもつながる恐れがります。



むくみの場合は、塩分や糖質の摂り過ぎなどからくる「ナトリウムとカリウムのアンバランス状態」が考えられます。この2種のバランスが悪いとむくみになる可能性があります。



一方、「座りっぱなし」または「立ちっぱなし」もむくみの原因となります。しかし「職業柄、仕方がない」というケースがあります。この場合、まさに血行不良ですから、改善には血行促進のサブリメントとともに、マッサージをするのが効果的です。



また生活のなかで考えられる原因に、便秘や運動不足のほか、利尿剤や便秘薬の常用も考えられます。これらは体内の重要なカリウムを奪い、むくむ原因となるため、使用にあたっては十分に注意をして下さい。



解消方法



ビタミンB群→血行促進に効果的



ビタミンC→疲労している身体の物質を治す効果がある



ビタミンE→血管を拡げる効果がある。



マグネシウム、リン、亜鉛など



コスメ・スキンケアバーゲン会場
posted by アロマ好き at 23:35| Comment(2) | TrackBack(106) | うんちく・小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。